サイトメニュー

理想的な目になる方法

顔に触れる女性

手術の詳細や手順

大きくてパッチリした目はそれだけで顔の印象が良くなりますが、日本人の多くは一重で小さな目をしているのが現状です。そこで、目を大きく見せるためのメイク法がたくさん紹介されていますが、これに満足できないなら美容整形という方法があります。美容整形で二重すれば、日々のメイクで目を大きく見せなくても理想的な目元を手に入れることが出来るでしょう。目を二重にする手術には埋没法と切開法があります。埋没法はまぶたの一部を糸で留めて二重を作ります。一方、切開法はまぶたを切開して二重を作るという方法です。どちらも基本的には二重まぶたになれますが、埋没法の場合は永久的な方法ではないため数年で元に戻る可能性があります。ですが、切開法は一度手術を受けると元に戻すことは出来ないという特徴があります。どちらを選ぶかはまぶたの状態やなりたいまぶたの形などによって変わってくるので、専門医に相談しながら決めることが大切です。美容整形は基本的に健康保険の適用外となるので費用は全額負担となります。埋没法と切開法の費用を比べると埋没法の方が少ない費用負担で手術を受けることが出来ます。まぶたを二重にする手術を受ける場合はまず美容整形外科選びから始めます。様々な情報を参考に、信頼できる病院を選びましょう。埋没法や切開法は目の整形の定番なので多くの美容外科で受けられますが、費用やアフターケアなどは病院によって異なります。よって、複数の病院を比較して自分に合う病院を探します。また、不明な点は直接問い合わせて確認するようにしましょう。病院が決まったら次はカウンセリングです。ここでは自分の希望をしっかり伝えることが大切です。「どんな目にしたいのか」「どんなリスクがあるのか」などをしっかり確認します。また、費用やダウンタイムなどについても確認しておくと安心して施術を受けることが出来ます。カウンセリングが終わったら契約を行い、料金を支払います。金額や支払方法は病院によって違うので、正式な契約の前に確認しておくとトラブルを回避出来ます。支払いを終えたら手術となりますが、二重手術の場合は当日帰宅が一般的です。その後については手術内容や目の状態によって変わるので、医師の指示に従うことが大切です。

Copyright© 2018 二重整形でコンプレックス解消【費用もお手頃!ラクラクきれいに】 All Rights Reserved.