最も身近な整形方法|二重整形でコンプレックス解消【費用もお手頃!ラクラクきれいに】

サイトメニュー

最も身近な整形方法

カウンセリング

適した方法を選べる

二重に整形したいと言う人たちは、世界中に増えてきました。のりやテープでごまかす方法から、本当に手術をして、反永久的に二重にしたいととう願望が多いです。従来からある大きく二つの方法では、痛みや腫れ、そして費用や持続性などで問題がありました。しかし、近年は、手軽で痛くなく、費用も高額ではない確実な方法が増えてきています。それは、まず麻酔の針についてですが、従来の角ばった針から丸い針となり摩擦が小さくなりました。また、太さも0.3ミリから0.2ミリに細くなっています。そのため、痛みも少なく、内出血も少なく術後腫れることが少なくなりました。さらに、糸をかけるかけ方やかける位置などの工夫で、きれいなラインを作ることができるようになってきました。結び目もまぶたの中に埋め込むことができ目立ちません。診療代は、自由診療のため保険外となり、高額だったのですが、三万程度からできるようになりました。きれいな二重のラインを低費用で整形することができる時代となり、人気が出てきているものと考えます。二重の整形方法としては、大きく二つの方法があります。一つは、埋没法と言って、メスなしで糸で固定する方法です。角膜と接する部分から固定する瞼板法は、角膜を傷つけやすいので、多点法と言って、複数の点で点と点を結んでラインをつくる方法が一般的です。1.2週間で部位が落ち着き、2ヶ月すれば完治します。費用は5万から10万円ぐらいです。しかし、数年後に一重に戻ってしまう可能性が半分の確立であります。一方、切開法は、まぶたの皮やついでに余計な脂肪を取り除いてしまう手術です。もともと腫れぼったい目の印象をなおしたい人に最適です。全部と一部を取り除く方法があり、費用は25万円ぐらいで同じですが、回復までの日にちがだいぶ違います。全部とる場合は腫れが引くまでに1週間、落ち着くのに2から4ヶ月、完治までは1年かかります。安静にしていなければならない期間も長くかかります。二重の整形では、費用のことも問題ですが、何より元通りの体に戻せない方法もあるので、熟考と決意が必要です。

Copyright© 2018 二重整形でコンプレックス解消【費用もお手頃!ラクラクきれいに】 All Rights Reserved.